閉じる

「レジメン紹介&薬価計算」コンテンツ開設にあたって

がん治療の現状は日進月歩であり、それに伴いさまざまな新しい治療法や新薬に関する情報が飛び交い、専門性が非常に高まっている状況にあります。一方で、日常診療における標準的な治療は各種がん治療ガイドライン等により確立されていますが、制吐療法や輸液の量など標準化がまだ完全に進んでいるわけではありません。また、がん治療の進歩に伴い、高額な治療法、治療薬も多数存在し、患者さんは画期的な治療を受けることと引き替えに高額な治療費を負担することになり、さらには国の医療費を増加させる一因にもなるため、医療従事者はがん治療にどれくらいのコストがかかるのかある程度知っておく必要があると思います。

本コンテンツは、各種がん治療ガイドラインでも紹介されている臨床で実際に行われるがん治療のエッセンスを形にした【レジメン紹介】の部分と、実際の治療にかかる主な薬剤費(薬価)を示した【薬価計算】の部分から成り立っています。【レジメン紹介】では、レジメンの概要や輸液、制吐剤を含む具体的な投与方法と、レジメン毎の医療費を入院(DPC)、外来(薬剤費)別に示したほか、代表的な文献を参考に示しており、がん治療に携わる医師、薬剤師、看護師の方々が利用しやすい工夫を施しています。そして、【薬価計算】では、各々の病院の実際に合わせた薬価計算やジェネリック医薬品に切り替えた際の薬価比較が可能です。いずれも私とチーム むさこオンコロジーのメンバーで確認し、より有用性の高いコンテンツを目指し作成いたしました。

本コンテンツに訪れていただいた方には、各治療法についてご理解を深めていただくと共に医療費にも関心を持っていただき、患者さんのために適切な治療の実現に向けて役立てていただきたいと願っています。

監修
日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科 教授 勝俣範之
日本医科大学武蔵小杉病院 チーム むさこオンコロジー