閉じる

施設の取り組み

地域や施設における様々な取り組みをインタビュー形式でご紹介しています。

都道府県 施設名 タイトル 取材年月
静岡 がん関連
静岡県立静岡がんセンター
「処方別がん薬物療法説明書」の活用により患者さんの目線に沿った副作用対策を実践 2019年9月
岐阜 がん関連
岐阜市民病院
調剤支援トータルシステムと検査値を利用した処方鑑査で実現した調剤過誤防止と薬剤の適正使用 2019年4月
宮城 特定非営利活動法人どんぐり未来塾 「患者さんを副作用から守ろう!」を合言葉に活動 『今、起きる可能性のある副作用』をチェックできる業務システム作成プロジェクト(コロプロ)を展開 2018年8月
埼玉 がん関連
埼玉医科大学国際医療センター
がん患者さんとご家族・ご遺族の心をサポートする精神腫瘍科の役割 2018年6月
大阪 がん関連
地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター
がん患者さんの栄養と食事をチームで支える「栄養腫瘍科」 2018年2月
福岡 がん関連
総合メディカル株式会社
人間的な魅力と高度な専門性を武器に、地域の患者さんの健康をサポート 2017年8月
鹿児島 がん関連
社会医療法人博愛会 相良病院
乳がん診療の 「へき地」をなくし女性をヘルスケアの視点からサポート 2017年5月
兵庫 阪神調剤ホールディング 地域医療へのさらなる挑戦~信頼される“かかりつけ薬局”となるために~ 2017年3月
岡山 がん関連
岡山赤十字病院
緩和ケアにPBPMを導入した円滑な多職種協働 2017年2月
福井 がん関連
福井県済生会病院
きめ細やかな就労支援が厚労省のモデル事業に 2016年10月
神奈川 がん関連
株式会社望星薬局
がん患者さんのための薬局薬剤師の取り組み
- 外来がん治療認定薬剤師が果たす役割 -
2016年7月
大阪 がん関連
大阪大学医学部附属病院
前立腺センターを拠点に前立腺がん治療に他科連携で挑む 2016年4月
愛媛 がん関連
愛媛大学医学部附属病院
多職種チームで挑む抗がん剤曝露対策 2016年1月
福岡 がん関連
九州大学病院 薬剤部 /
(一社)福岡市薬剤師会
「病診薬連携」を切り札に切れ目のないがん薬物療法を提供 2015年9月
東京 がん関連
順天堂大学医学部附属順天堂医院 乳腺科
相互理解を軸に互いの領域に浸潤し隙間のないチーム医療を目指す 2015年8月
兵庫 がん関連
市立芦屋病院 薬剤部
処方設計と処方提案を中心に緩和ケアをサポートする 2015年2月
茨城 ねもと薬局グループ 宅医療の最前線「患者さんと寄り添う在宅医療」を実践する薬剤師 2015年3月
宮城 がん関連
石巻赤十字病院 遺伝カウンセリング外来
遺伝カウンセラーを雇用し地域の総合病院でも実践できる遺伝カウンセリング外来を構築 2014年6月
神奈川 株式会社わかば ジェネリック医薬品と在宅医療の推進で薬局の存在感を高める 2013年11月
東京 がん関連
国立がん研究センター・がん対策情報センター
「情報」をキーワードに日本のがん医療のあり方を変える 2013年8月
広島 がん関連
呉医療センター・中国がんセンター 外来化学療法センター
がん医療の分業と連携を強力に進める 2013年2月
神奈川 がん関連
日本医科大学武蔵小杉病院 チーム むさこオンコロジー
ビジョンとEBMを原動力に成熟したチーム医療を実践する 2012年12月
福島 がん関連
財団法人 星総合病院
遺伝性・家族性腫瘍研究の重要性の教育と啓発を目指す東北家族性腫瘍研究会の活動と将来 2012年2月
愛知 がん関連
名古屋大学医学部附属病院
情報の共有化とスキルミックスが生かされる名古屋大学医学部附属病院化学療法部 2011年6月
岐阜 がん関連
大垣市民病院 薬剤部
密な情報交換によりレベルアップを目指す岐阜がん薬物療法懇話会の活動と将来 2011年6月
北海道 がん関連
北海道大学大学院薬学研究院 臨床薬学教育研究センター
北海道から世界の薬剤師業務をリードする高いレベルの薬剤師輩出を目指す 2011年5月
北海道 がん関連
北海道大学病院
北海道のがん医療均てん化を目指し地域の連携病院を受け入れて行う『外来がん治療研修会』 2011年5月
北海道 がん関連
札幌南三条病院 /
国立病院機構北海道がんセンター
道内がん治療のネットワーク作りを目指す札幌がん専門薬剤師セミナー 2011年4月
北海道 がん関連
札幌南三条病院 /
国立病院機構北海道がんセンター
安全にがん治療を継続することががん専門薬剤師としての目標 2011年4月