閉じる

レジメン紹介

AC療法:ドキソルビシン(ADR)+シクロホスファミド(CPA)

レジメン紹介

高額療養費 負担額シミュレーション
術前 術後 転移・再発
   
1
8
15
22
ドキソルビシン 60mg/m² 静注
シクロホスファミド 600mg/m² 静注
投与サイクル 3週毎に投与 サイクル数 4サイクル(術後)

投与方法

薬剤 投与経路 用量 投与時間
注射抗がん剤および支持療法:Day1
アプレピタント
経口 125mg 抗がん剤投与60~90分前
グラニセトロン
デキサメタゾン
生理食塩液
静注 1mg
9.9mg
50mL
15分
ドキソルビシン
生理食塩液
静注 60mg/m²
50mL
15分
シクロホスファミド
生理食塩液
静注 600mg/m²
100mL
30分
生理食塩液 静注 50mL 15分
経口制吐剤:Day2~4
アプレピタント 経口 80mg day2,3
デキサメタゾン 経口 8mg 分2(朝、昼)、day2-4

副作用

種類 発現頻度
白血球減少(Grade≧3) 3.7%
血小板減少(Grade≧3) 0.1%
嘔気・嘔吐(All Grade) 71.2%
下痢(All Grade) 2.9%
発熱(All Grade) 5.5%
脱毛(All Grade) 92.4%
各薬剤の主な副作用 ADR:骨髄抑制、悪心、嘔吐、食欲不振、口内炎、脱毛、心毒性(不可逆性蓄積毒性)
CPA:骨髄抑制、悪心・嘔吐、脱毛、出血性膀胱炎、不妊、鼻閉、顔面紅潮、皮疹、頭痛、2次発がん
【参考文献】
国立がん研究センター内科レジデント編,がん診療レジデントマニュアル,2013,医学書院(一部改変)
催吐性 高度
血管への影響 ADR:起壊死性抗がん剤
CPA:炎症性抗がん剤
【参考文献】
日本癌治療学会編,制吐薬適正使用ガイドライン2014年
国立がん研究センター内科レジデント編,がん診療レジデントマニュアル,2013,医学書院

治療成績

術後療法
3年無病生存率
62%
転移・再発例
奏効率
54%
無増悪生存期間
6ヶ月
生存期間中央値
20.5ヶ月

使用時の注意

使用時の注意

※投与方法に関しては一例です。各製品の添付文書をご確認ください。

関連コンテンツ

副作用マネジメント

副作用の対処方法(薬物療法)をご紹介しています。がん治療で起こる副作用の発現頻度や重症度の判定方法、支持療法などをご確認いただけます。

日常生活のアドバイス

副作用の対処方法(非薬物療法)について、患者さんの生活指導に役立つ食事や運動、セルフケアなどをご紹介しています。印刷し、患者さんへの説明にもご活用いただけます。

日常生活のアドバイス

高額療養費制度について解説しています。高額療養費制度を利用した場合の自己負担金額をシミュレーションできます。