閉じる

サワイ製品への取り組み

ジェネリック医薬品には先発品との生物学的同等性の保証と品質の確保が必須条件として求められます。
しかし、沢井製薬はそれにとどまらず、患者さんにより優しく、医療関係者の皆さまには扱いやすい、より付加価値のある製品の開発を目指しています。様々な検討を重ね生み出された主なサワイジェネリックをご紹介いたします。

剤形や味の工夫

サワイの付加価値の歴史はここから!

神経・筋機能賦活剤

ビタダン®配合錠

ビタミン配合剤を錠剤に剤形変更して開発しました。
発売したのは1994年。この頃から沢井製薬では付加価値製品の開発に取り組んでいます。

閉じる

願いを込めて形にしました。
カンデサルタンのOD錠!

持続性アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤

カンデサルタンOD錠
2mg/4mg/8mg/12mgサワイ

カンデサルタンOD錠 2mg/4mg/8mg/12mg「サワイ」

幾多の検討を重ね、独自の処方・製造方法を見出し、OD錠を開発しました。
添加剤由来の甘みがあり、錠剤の両面に、成分名と規格を可食性インクで印刷した錠剤です。
この製剤の製剤設計と製造方法について特許取得しています(特許第5705562号、特許第6272328号、特許第6379043号)。

カンデサルタンOD錠「サワイ」概略図(イメージ)

閉じる

グリーンティーフレーバーの口腔内崩壊錠

抗血小板剤

シロスタゾールOD錠 50mg/100mgサワイ

2013年6月に発売したシロスタゾールOD錠。
2014年度日本薬剤学会において「旭化成創剤開発技術賞」を受賞しました。
シロスタゾールOD錠は、医療過誤を防止するために、OD錠に成分名と規格をレーザー印字しています。
この素錠に対し直接印字する技術は特許取得しています(特許第6027800号)。

UVレーザーマーキング装置を用いた印字の仕組みイメージ図

従来のフィルムコーティング錠へのレーザー印字では、錠剤表面のコーティング層に発色剤を配合しますが、シロスタゾールOD錠「サワイ」では、錠剤自体に発色剤(酸化チタン)を均一に分散するよう配合しています。
良好に発色するよう酸化チタンの添加量および方法を検討し、錠剤特性や安定性に影響を与えない製造方法を見出し、OD錠へのレーザー印字に成功しました。この技術についても特許取得しています(特許第6027800号)。

閉じる

ジェネリック一番手上市を目指して開発しました

前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤

タムスロシン塩酸塩OD錠
0.1mg/0.2mgサワイ

先発品は口腔内崩壊錠でありながら徐放性製剤であり、開発が非常に難しい製剤でした。
製剤における様々な特許を回避して開発しました。
この製品では、特許を取得しています(特許第5511663号、特許第5572321号)。

閉じる

取り扱いやすさの工夫

バラ包装のニーズに応えて・・・。

プロトンポンプ・インヒビター

ランソプラゾールOD錠15mg/30mgサワイ

2009年5月に発売されたランソプラゾールOD錠「サワイ」(旧名称:ラソプランOD錠)。
発売当初はバラ包装をご用意していませんでした。市場と共に変化する現場のご要望にお応えし、2013年秋にバラ包装(200錠)を発売しました。

15mg
15mg
30mg
30mg

刻印をカナ表示・含量表示に変更

15mg
15mg15mg
30mg
30mg30mg

閉じる