閉じる

情報提供体制

沢井製薬ではジェネリック医薬品の情報を、より早く、より的確にお伝えするための窓口として、 「MR(医薬情報担当者)」「医薬品情報センター(お問い合わせ窓口)」「Webサイト」 をご用意しています。3つの窓口はそれぞれの機能を充実し、常に情報共有することで強力なサポートネットワークを構築しています。医療関係者の皆さまは、目的や時間に応じて窓口を選択、必要な情報を確実に手に入れていただくことができます。

3つの情報提供窓口:MR、医薬品情報センター、Webサイト

MR(医薬情報担当者)

沢井製薬では、「製品に関する情報も品質の1つである」と考え、全国で約460名のMR(医療情報担当者)と約100名の薬剤師が、医療関係者さまに、より早く、より的確な情報をお伝えすることを心がけ、情報提供活動を展開しています。
また、医療品の副作用や安全性に関する情報をMRが収集、安全管理部門を中心に集約し、その内容を医療現場へフィードバックすることで、医療品を適正に使用していただくよう取り組んでいます。

MR(医薬情報担当者)MR(医薬情報担当者)

医薬品情報センター
(お問い合わせ窓口)

沢井製薬では、医療関係者向けのお問い合わせ窓口として、医薬品情報センターを設置しています。夜間・休日のお問い合わせにも対応し、24時間365日いつでもつながる安心と、迅速かつ的確な情報提供を心がけています。
医薬品情報センターでは、毎月3,000件以上のお問い合わせをいただいています。特に製品の特徴や、使用方法(配合変化や溶解方法など)、安全性について、多くのご質問をいただきます。
また、皆さまから製品に関するご意見やご要望をいただくことがあります。いただいたご意見は社内で共有し、よりよい製品をご提供出来るように生かしています。

医薬品情報センター(お問い合わせ窓口)医薬品情報センター(お問い合わせ窓口)

医薬品情報センター (24時間365日受付)

0120-381-999

  • ※携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • ※お問い合わせの内容によっては、回答にお時間をいただく場合がございます。

Webサイト

沢井製薬コーポレートサイト

沢井製薬コーポレートサイト

沢井製薬コーポレートサイトは、企業情報サイトです。
患者さん向けにジェネリックについて分かりやすく説明している「ジェネリックを知ろう」や患者さん自身でジェネリック医薬品があるかどうか検索できる「ジェネリックあるのかな?検索」もご用意しています。
また、沢井製薬のCSRの取り組みについても掲載しています。