閉じる

薬局訪問記

特定非営利活動法人どんぐり未来塾

「患者さんを副作用から守ろう!」を合言葉に活動 『今、起きる可能性のある副作用』をチェックできる業務システム作成プロジェクト(コロプロ)を展開

特定非営利活動法人どんぐり未来塾

「患者さんを副作用から守ろう!」を合言葉に、所属や業態の枠を超えて集まった薬剤師が生涯学習や社会貢献活動を行っている。2013年8月に特定非営利活動法人として法人化し活動を広げている。

続きを見る

総合メディカル株式会社

人間的な魅力と高度な専門性を武器に、地域の患者さんの健康をサポート

総合メディカル株式会社

2015年10月に厚生労働省より提言された「患者のための薬局ビジョン」において、病気の予防や健康の維持・増進に貢献する「健康サポート機能」が求められ、翌年の調剤報酬改定では「かかりつけ薬剤師指導料」が新設されるなど地域包括ケアシステムの完成に向けて薬局が持つべき機能のあり方が変化してきている。

続きを見る

阪神調剤ホールディング

阪神調剤ホールディングが初の社内学術大会を開催

地域医療へのさらなる挑戦 ~信頼される“かかりつけ薬局”となるために~(兵庫県)

阪神調剤ホールディング

阪神調剤ホールディングは、1月8日に大阪市内で初の学術大会を開催した。開催テーマは「地域医療へのさらなる挑戦~信頼される“かかりつけ薬局”となるために~」とし、全国の事業会社35社から約700人が参加した。

続きを見る

ねもと薬局グループ

在宅医療の最前線

「患者さんと寄り添う在宅医療」を実践する薬剤師(茨城県)

ねもと薬局グループ

日本国内での超高齢化社会の到来により、療養病院での長期入院による治療から、居宅で治療を継続していく“在宅医療”への移行が進められている。平成26年度診療報酬改定では、在宅医療の推進が継続して重点課題の一つとして取り上げられ、調剤報酬改定においては…

続きを見る

株式会社わかば

ジェネリック医薬品と在宅医療の推進で薬局の存在感を高める

地域に溶け込み、地域に求められる薬局を展開することが生き残りの鍵となる(神奈川県)

株式会社わかば

平成26年4月より消費税率が8%に引き上げられる。医療機関は、医薬品や診療材料、医療機器などの購入時に消費税を支払うこととなるが、社会保険診療は非課税であるため、最終消費者である患者さんから消費税を受け取ることはできない。

続きを見る