閉じる

日常生活のアドバイス

便秘
便秘における食事療法
食事

患者さんが便秘で悩んでいる時、便秘を解消できないまでも、食事の摂り方の工夫で、軽減することはできると思っています。快適な便通を保つポイントは、適量の食物繊維を摂取すること、水分を十分に摂ること、腸の働きを良好に保つことです。そのための料理をご紹介しましょう。

国立がん研究センター東病院 栄養管理室 栄養管理室長
千歳 はるか先生
まとめて印刷する

食事の工夫

水分を積極的に摂りましょう。

イラスト

食物繊維(水溶性+不溶性)を含む食材を取り入れ、食べやすく調理しましょう。

食物繊維 食物繊維
水溶性

特徴

水に溶けネバネバするもの多い(サラサラもある)

動き

①腸内環境を整える(腸粘膜への栄養)
②コレステロール値・食後血糖値の上昇抑制
③軟便形成を促す

食品例

●果物(キウイフルーツ、リンゴ、イチゴ、桃、みかん等)
●繊維のやわらかい野菜(にんじん、ほうれん草、大根、玉ねぎ、かぼちゃ、トマト等)
●芋類(じゃがいも、里芋、長いも等)
イラスト
不溶性

特徴

水に溶けず、水分を吸収して膨らむ

動き

①便のかさを増し、便通を整える
②有害物質を吸着し、排泄を促す

食品例

●繊維の固い野菜(ごぼう、筍、ナス、ニラ、セロリ、トウモロコシ等)
※ごぼうは水溶性食物繊維も多く含まれている
●さつまいも
●きのこ類(しいたけ、えのき、しめじ、エリンギ等)
●豆類(大豆、納豆、おから、小豆等)
イラスト

乳酸菌入りの食品を利用しましょう。

イラスト

食物繊維たっぷりメニュー5品

イラスト
食物繊維たっぷりメニュー5品

※イレウス(腸閉塞)のリスクがある方、消化器術後の方など、消化の悪いものを控えている場合は、摂取を少量に抑え、よく噛んでください。

関連コンテンツ

レジメン紹介

7つのがん種の標準レジメンについて、抗がん剤の組み合わせや投与スケジュール、副作用と発現頻度、治療成績などをご確認いただけます。

副作用マネジメント

副作用の対処方法(薬物療法)をご紹介しています。がん治療で起こる副作用の発現頻度や重症度の判定方法、支持療法などをご確認いただけます。