閉じる

専門医が解説する「頭痛」のこと

総監修:社会医療法人寿会
富永病院 副院長・脳神経内科部長・頭痛センター長
富永クリニック 院長
竹島 多賀夫 先生

頭痛にはさまざまなタイプがあり、国際頭痛分類 第3版(ICHD-3)では300種類を超える頭痛があると分類されています。
頭痛のタイプは、片頭痛や緊張型頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛などの「一次性頭痛」と、脳や他の疾患が原因となり起こる「二次性頭痛」の大きく2つに分類されます。

二次性頭痛の原因としては、くも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎など緊急性の高いものや、てんかん、虚血性脳卒中、副鼻腔炎、うつ病(大うつ病性障害)や不安症等の精神疾患などが含まれます。頭痛を持つ患者さんが1種類以上の急性期または対症的頭痛治療薬を乱用することによる薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛:MOH)も二次性頭痛に分類されています。

このコンテンツでは、頭痛の解説、頭痛と精神疾患の共存(併発)、診療に必要な頭痛ダイアリーのことなど解説します。

コンテンツ一覧

頭痛の解説

ページを見る

頭痛と精神疾患

ページを見る

頭痛オンライン

ページを見る