イリノテカン塩酸塩

効能・効果効能・効果

小細胞肺癌、非小細胞肺癌、子宮頸癌、卵巣癌、胃癌(手術不能又は再発)、結腸・直腸癌(手術不能又は再発)、乳癌(手術不能又は再発)、有棘細胞癌、悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)、小児悪性固形腫瘍、
治癒切除不能な膵癌
※効能・効果に関連する使用上の注意がございます。製品添付文書をご参照ください。

用法・用量用法・用量

1. 小細胞肺癌、非小細胞肺癌、乳癌(手術不能又は再発)及び有棘細胞癌はA法を、子宮頸癌、卵巣癌、
胃癌(手術不能又は再発)及び結腸・直腸癌(手術不能又は再発)はA法又はB法を使用する。また、悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)はC法を、小児悪性固形腫瘍はD法を、治癒切除不能な膵癌はE法を使用する。
A法 : イリノテカン塩酸塩水和物として、通常、成人に1日1回、100mg/m²を1週間間隔で3~4回点滴静注し、少なくとも2週間休薬する。これを1クールとして 、投与を繰り返す。
B法 : イリノテカン塩酸塩水和物として、通常、成人に1日1回、150mg/m²を2週間間隔で2~3回点滴静注し、少なくとも3週間休薬する。これを1クールとして、投与を繰り返す。
C法 : イリノテカン塩酸塩水和物として、通常、成人に1日1回、40mg/m²を3日間連日点滴静注する。これを1週毎に2~3回繰り返し、少なくとも2週間休薬する。これを1クールとして、投与を繰り返す。
なお、A~C法の投与量は、年齢、症状により適宜増減する。
D法 : イリノテカン塩酸塩水和物として、通常、1日1回、20mg/m²を5日間連日点滴静注する。これを1週毎に2回繰り返し、少なくとも1週間休薬する。これを1クールとして、投与を繰り返す。
E法 : イリノテカン塩酸塩水和物として、通常、成人に1日1回、180mg/m²を点滴静注し、少なくとも2週間休薬する。これを1クールとして、投与を繰り返す。
なお、D法及びE法の投与量は、患者の状態により適宜減量する。
2. A法、B法及びE法では、本剤投与時、投与量に応じて500mL以上の生理食塩液、ブドウ糖液又は電解質維持液に混和し、90分以上かけて点滴静注する。
C法では、本剤投与時、投与量に応じて250mL以上の生理食塩液、ブドウ糖液又は電解質維持液に混和し、60分以上かけて点滴静注する。
D法では、本剤投与時、投与量に応じて100mL以上の生理食塩液、ブドウ糖液又は電解質維持液に混和し、60分以上かけて点滴静注する。

※用法・用量に関連する使用上の注意がございます。製品添付文書をご参照ください。

■ 貯法
遮光室温保存
■ 使用期限
3年

関連資料


イリノテカン塩酸塩 点滴静注液「サワイ」の治療を受ける患者さんへ

イリノテカン塩酸塩点滴静注液「サワイ」の効果や副作用、治療中の日常生活上の注意点などについてご紹介しています。

【監修】
日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科 教授
勝俣 範之 先生


FOLFIRI療法について-イリノテカン塩酸塩点滴静注液「サワイ」の治療を受ける患者さんへ-

イリノテカン塩酸塩点滴静注液「サワイ」を使用した抗がん剤の併用療法を受ける患者さんに、治療のことを知っていただくため、投与スケジュールや主な副作用とその対策などについてご紹介しています。

【監修】
筑波大学 医学医療系 臨床医学域 消化器内科学 教授
兵頭 一之介 先生