「子どもによる医薬品誤飲事故防止」について

「子どもによる医薬品誤飲事故防止」について

昨今、「子どもによる医薬品誤飲事故」に関する各種の報道がなされている中で、その防止対策には医療従事者を介して保護者に継続的な注意喚起を行い、家庭での医薬品の適切な管理、保管を促すことが重要とされています(日本製薬団体連合会HP)。

日本製薬団体連合会 安全性委員会において作成された「誤飲事故防止啓発リーフレット」と「患者さんへの説明シート」を下記に掲載します。

誤飲事故防止啓発リーフレット

“3つのルール”編

“薬の保管に注意しましょう”編

“乳幼児のくすりの誤飲は大人の責任”編

患者さんへの説明シート

薬袋等にいれて保護者の方などに配布できる患者さんへの説明シートです。 PDFをプリントアウトして切り取ってご活用ください。

ページの先頭へ