調製時の注意

ニボルマブ: バイアルは振盪せず、激しく攪拌しないこと。
本剤は日局生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液に希釈し、総液量は60mL以上を目安とする。なお、希釈する場合、1回240mg投与時の総液量は体重30kg以上の患者には150mL以下、体重30kg未満の患者には100mL以下とする。
添加後は静かに混和し、急激な振盪は避けること。
希釈後の液は速やかに使用すること。
希釈後の最終濃度0.35mg/mL未満では、本剤の点滴溶液中の安定性が確認されていない。
他剤との混注はしないこと。

投与前の注意

ニボルマブ: 本剤の投与にあたっては、インラインフィルター(0.2又は0.22μm)を使用すること。
必ず静脈内投与とし、皮下、筋肉内には投与しないこと。
本剤は、点滴静注のみとし、急速静注は行わないこと。

投与中/後の注意

ニボルマブ: 本剤は、30分以上かけて点滴静注すること。
【参考文献】 各製品添付文書
※投与方法に関しては一例です。各製品の添付文書をご確認ください。