ゾレドロン酸

■ 効能・効果
1.悪性腫瘍による高カルシウム血症
2.多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変
■用法・用量(4mg/100mLバッグ)
1.悪性腫瘍による高カルシウム血症
通常、成人には1袋(ゾレドロン酸として4mg)を15分以上かけて点滴静脈内投与する。なお、再投与が必要な場合には、初回投与による反応を確認するために少なくとも1週間の投与間隔をおくこと。

2.多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変
通常、成人には1袋(ゾレドロン酸として4mg)を15分以上かけて3~4週間間隔で点滴静脈内投与する。

※用法・用量に関連する使用上の注意がございます。製品添付文書をご参照ください。
■ 用法・用量
1.悪性腫瘍による高カルシウム血症
通常、成人にはゾレドロン酸として4mgを日局生理食塩液又は日局ブドウ糖注射液(5%)100mLに希釈し、15分以上かけて点滴静脈内投与する。なお、再投与が必要な場合には、初回投与による反応を確認するために少なくとも1週間の投与間隔をおくこと。

2.多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変
通常、成人にはゾレドロン酸として4mgを日局生理食塩液又は日局ブドウ糖注射液(5%)100mLに希釈し、15分以上かけて3~4週間間隔で点滴静脈内投与する。

※用法・用量に関連する使用上の注意がございます。製品添付文書をご参照ください。
■ 貯法
室温保存