オキサリプラチン

オキサリプラチン点滴静注液「サワイ」の『信頼』を支える3本柱
■効能・効果
治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌
結腸癌における術後補助化学療法
治癒切除不能な膵癌
胃癌
※効能・効果に関連する使用上の注意がございます。製品添付文書をご参照ください。
■用法・用量
1.治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌及び結腸癌における術後補助化学療法にはA法又はB法を、治癒切除不能な膵癌にはA法を、胃癌にはB法を使用する。なお、患者の状態により適宜減量する。

A法:他の抗悪性腫瘍剤との併用において、通常、成人にはオキサリプラチンとして85mg/m²(体表面積)を1日1回静脈内に2時間で点滴投与し、少なくとも13日間休薬する。これを1サイクルとして投与を繰り返す。

B法:他の抗悪性腫瘍剤との併用において、通常、成人にはオキサリプラチンとして130mg/m²(体表面積)を1日1回静脈内に2時間で点滴投与し、少なくとも20日間休薬する。これを1サイクルとして投与を繰り返す。

2.本剤を5%ブドウ糖注射液に注入し、250~500mLとして、静脈内に点滴投与する。

※用法・用量に関連する使用上の注意がございます。製品添付文書をご参照ください。
■ 貯法
室温保存
■ 使用期限
3年

関連資料

オキサリプラチン適正使用ポケットガイド

オキサリプラチン点滴静注液「サワイ」を適正にお使いいただくための留意点や、特に注意すべき副作用とその対策について解説しています。

【監修】
香川大学医学部 臨床腫瘍学講座 教授
香川大学医学部附属病院 腫瘍センター長
辻 晃仁 先生


オキサリプラチン点滴静注液「サワイ」の治療を受ける患者さんへ

オキサリプラチン点滴静注液「サワイ」の治療を受ける患者さんに治療のことを知っていただくため、薬の作用、投与スケジュール、主な副作用とその対策などについてご紹介しています。

【監修】
兵庫医科大学 下部消化管外科 主任教授
冨田 尚裕 先生


FOLFOX療法について-オキサリプラチン点滴静注液「サワイ」の治療を受ける患者さんへ-

FOLFOX療法を受ける患者さんに、治療のことを知っていただくため、投与スケジュールや主な副作用とその対策などについてご紹介しています。

【監修】
九州大学大学院医学研究院 九州連携臨床腫瘍学講座 教授
馬場 英司 先生


CapeOX療法について-オキサリプラチン点滴静注液「サワイ」の治療を受ける患者さんへ-

CapeOX療法を受ける患者さんに治療がどのように行われるのか、副作用にはどのようなものがあるのかを知っていただくために、投与スケジュールや主な副作用とその対策などについてわかりやすくご紹介しています。

【監修】
静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 医長
山﨑 健太郎 先生