シプロフロキサシン点滴静注液200mg「サワイ」の適応症相違表


シプロフロキサシン
点滴静注液200mg「サワイ」
シプロキサン注200mg
効能・効果
<適応菌種>
 本剤に感性のブドウ球菌属、腸球菌属、炭
 疽菌、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバ
 クター属、緑膿菌、レジオネラ属
<適応症>
 敗血症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感
 染、肺炎、腹膜炎、胆嚢炎、胆管炎、炭疽
成人:
<適応菌種>
 本剤に感性のブドウ球菌属、腸球菌属、炭
 疽菌、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバ
 クター属、緑膿菌、レジオネラ属
<適応症>
 敗血症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感
 染、肺炎、腹膜炎、胆嚢炎、胆管炎、炭疽

小児:
1.一般感染症
<適応菌種>
 本剤に感性の炭疽菌、大腸菌、緑膿菌
<適応症>
 複雑性膀胱炎、腎盂腎炎、炭疽
2.嚢胞性線維症における緑膿菌による呼吸
  器感染に伴う症状の改善
用法・用量 成人には1回300mgを1日2回点滴静注。
(1時間かけて投与)

成人:
1回400mgを1日2〜3回点滴静注。
(1時間かけて投与)


小児:
1.一般感染症
 複雑性膀胱炎、腎盂腎炎:
  1回6〜10mg/kgを1日3回点滴静注。
  (1時間かけて投与、成人における1回量
  400mgを超えないこと)
 炭疽:
  1回10mg/kgを1日2回点滴静注。
  (1時間かけて投与、成人における1回量
  400mgを超えないこと)
2.嚢胞性線維症における緑膿菌による呼吸
  器感染に伴う症状の改善
  1回10mg/kgを1日3回点滴静注。
  (1時間かけて投与、成人における1回量
  400mgを超えないこと)