エダラボン点滴静注液30mg「サワイ」の適応症相違表


エダラボン点滴静注液30mg「サワイ」 ラジカット注30mg
効能・効果 脳梗塞急性期に伴う神経症候、日常生活動作障害、機能障害の改善 1.脳梗塞急性期に伴う神経症候、日常生活動作障害、機能障害の改善
2.筋萎縮性側索硬化症(ALS)における機能障害の進行抑制
用法・用量 成人に1回1管(30mg)を適当量の生理食塩液等で用時希釈し、30分かけて1日朝夕2回点滴静注。
発症後24時間以内に投与を開始し、投与期間は14日以内。
1.脳梗塞急性期に伴う神経症候、日常生活動作障害、機能障害の改善
成人に1回1管(30mg)を適当量の生理食塩液等で用時希釈し、30分かけて1日朝夕2回点滴静注。
発症後24時間以内に投与を開始し、投与期間は14日以内。
2.筋萎縮性側索硬化症(ALS)における機能障害の進行抑制
成人に1回2管(60mg)を適当量の生理食塩液等で用時希釈し、60分かけて1日1回点滴静注。
本剤投与期と休薬期を組み合わせた28日間を1クールとし、これを繰り返す。
第1クールは14日間連日投与する投与期の後14日間休薬し、第2クール以降は14日間のうち10日間投与する投与期の後14日間休薬。