アルガトロバン注射液10mg「サワイ」の適応症相違表


アルガトロバン注射液10mg「サワイ」 スロンノンHI注10mg/2mL
ノバスタンHI注10mg/2mL
効能・効果
1. 下記疾患に伴う神経症候(運動麻痺)、日常生活動作(歩行、起立、坐位保持、食事)の改善
 発症後48時間以内の脳血栓症急性期(ラクネを除く)
2. 慢性動脈閉塞症(バージャー病・閉塞性動脈硬化症)における四肢潰瘍、安静時疼痛ならびに冷感の改善
3. 下記患者における血液体外循環時の灌流血液の凝固防止(血液透析)
 先天性アンチトロンビンV欠乏患者
 アンチトロンビンV低下を伴う患者
 (アンチトロンビンVが正常の70%以下に低下し、かつ、ヘパリンナトリウム、ヘパリンカルシウムの使用では体外循環路内の凝血(残血)が改善しないと判断されたもの)
1. 下記疾患に伴う神経症候(運動麻痺)、日常生活動作(歩行、起立、坐位保持、食事)の改善
 発症後48時間以内の脳血栓症急性期(ラクネを除く)
2. 慢性動脈閉塞症(バージャー病・閉塞性動脈硬化症)における四肢潰瘍、安静時疼痛ならびに冷感の改善
3. 下記患者における血液体外循環時の灌流血液の凝固防止(血液透析)
 先天性アンチトロンビンV欠乏患者
 アンチトロンビンV低下を伴う患者
 (アンチトロンビンVが正常の70%以下に低下し、かつ、ヘパリンナトリウム、ヘパリンカルシウムの使用では体外循環路内の凝血(残血)が改善しないと判断されたもの)
 ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)U型患者
4. ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)U型(発症リスクのある場合を含む)における経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止
5. ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)U型における血栓症の発症抑制
用法・用量
1. はじめの2日間は1回60mgを適当量の輸液で希釈し、24時間かけて持続点滴静注。その後の5日間は1回10mgを適当量の輸液で希釈し1日朝夕2回、1回3時間かけて点滴静注(適宜増減)。
2. 1回10mgを輸液で希釈し、1日2回、1回2〜3時間かけて点滴静注(適宜増減)。
3. 体外循環開始時に10mgを回路内に投与し、体外循環開始後は毎時25mgより投与開始。凝固時間の延長、回路内凝血(残血)、透析効率および透析終了時の止血状況等を指標に投与量を増減し、患者毎の投与量を決定するが、毎時5〜40mgを目安とする。
1. はじめの2日間は1回60mgを適当量の輸液で希釈し、24時間かけて持続点滴静注。その後の5日間は1回10mgを適当量の輸液で希釈し1日朝夕2回、1回3時間かけて点滴静注(適宜増減)。
2. 1回10mgを輸液で希釈し、1日2回、1回2〜3時間かけて点滴静注(適宜増減)。
3. 体外循環開始時に10mgを回路内に投与し、体外循環開始後は毎時25mgより投与開始。凝固時間の延長、回路内凝血(残血)、透析効率および透析終了時の止血状況等を指標に投与量を増減し、患者毎の投与量を決定するが、毎時5〜40mgを目安とする。
4. 適当量の輸液で希釈し、0.1mg/kgを3〜5分かけて静脈内投与し、術後4時間まで6μg/kg/分を目安に静脈内持続投与。その後抗凝固療法の継続が必要な場合は、0.7μg/kg/分に減量し静脈内持続投与。なお、持続投与量は目安であり、適切な凝固能モニタリングにより適宜調節。
5. 適当量の輸液で希釈し、0.7μg/kg/分より点滴静注を開始し、持続投与。なお、肝機能障害のある患者や出血のリスクのある患者に対しては、低用量から投与開始。活性化部分トロンボプラスチン時間(aPTT)を指標に投与量を増減し、患者毎の投与量を決定する。